×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



<floating world>

言葉をまるで楽器のようにあやつるATUによるプロジェクト。
”floating world”=”浮世”or”憂き世”
彼の作品は人間という存在の不確かさ、不透明な未来、そして今そこにある現実を描き出す。


8月23日、神戸三宮OTOYAにて
映像+音楽とのコラボレーション作品、

"no one loses his way here"
"migration"

これら二編を発表した。


次は11月の外大祭で、
写真とのコラボレーション作品を発表する予定。



<プロフィール>
ATU
神戸市外大外国語学部ロシア語学科3回生。
好きな作家 ブコウスキー、ナボコフ、ゴーゴリ、村上春樹、江國香織など。
好きな映画監督 ジャン・リュック・ゴダール、ヴィム・ヴェンダース、スタンリー・キューブリックなど。
好きなミュージシャン ブランキージェットシティー、ミッシェルガンエレファントなど。



topbutton001.gif(908 byte)